電話占いの受付システム

みなさんは電話占いを利用したことがありますか?電話占いは時間や場所を選ばず、占いをしたいときにすぐに利用できてとても便利ですね。電話占いをまだ利用したことのない方のために一般的な利用方法を紹介したいと思います。

受付の女性

電話占いの主流のシステム

電話占いは大きく分けて自動システムか、電話やネットから人が受け付けるタイプの二つに分かれます。自動システムは人を介さずに利用者がインターネットを通して注文が完結します。ネット環境さえあれば並んでいる人数や現在鑑定中なのか、利益中なのかもわかるのでとても便利です。鑑定から支払いまで自動化していますので、オペレーターと話をしなくて済むので苦手な人にはいいかもしれません。現在の電話占いサイトの多くは自動化されていて、特に大手電話占い会社は占い師の人数も多いのでほとんどが自動システムです。


電話で受け付ける会社

一方で昔からある、人を介して受け付けているところまだまだたくさんあります。鑑定を受けたいときはとりあえず受付に電話をします。わからないことやおすすめの先生など色んな情報が聞けるので私は好きです。

自動システムもいいですが、やっぱり顔が見えないからこそ人が対応してくれた方が安心ですね。自動システムのところでも受け付けはありますが、あまり対応が良くない感じがしますね。なので私は人が受け付けている電話占い会社をよく利用しています。

人それぞれ感じることは違うので一概に言えませんが、私はコミュニケーションをとりながらサービスを利用するのが好きだからでしょうか。人と話すのが苦手な人は自動システムのほうが合っているかもしれません。

私は電話占い以外でもオペレーターにすぐ電話して、対応などを見て感じが良かったら、そのサービスを利用するようにしています。そうすると顔は見えなくてもその会社がどんな感じなのかすぐわかりますし、やっぱり感じが悪いところはそのサービス自体が良くないところが多いです。

オペレーターは占い自体にはあまり関係ないと思うかもしれませんが、意外とその会社全体を表しているもののように感じます。電話占い会社を選ぶ一つの材料にしてみるのもアリだと思います。