電話占いでは割引やキャンペーンを賢く活用しよう

ママ友
私は昔からお買物に行った時にワゴンを見つけると心がワクワクして、何かお宝が埋もれてないかついつい探してしまうほうでした。主婦になってからも◯割引とか◯%OFFとか、家計に直結するので一層気にしています。

特に期間限定とか数量限定とか聞くととても気になります。その言葉につられて買う気がなくてもつい買っちゃううこともあるくらいです。

この前もデパートへ行った時「クレジットカードをお申し込みいただくと今すぐ使える商品券5000円分をもれなくプレゼントします!」って勧誘されて、つい年会費無料だしまあ良いっかって思って作ってしまいました。タダより安いものはないっていうけど、タダっていう言葉に弱いようです。

中学生の娘にも「お母さんはタダで貰えるのホント好きだよね~」ってよく言われます。家計を預かる身としては少しでも節約したりして私なりに工夫していることはわかってほしいです。ただ結構楽しみながら節約してるる感じですけど。

最近ママ友の間で電話占いが流行っています。自宅に居ても都合の良い時間に占い相談できるので、その手軽さがウケて何かと話題になっています。主婦にとってはなかなか料金が高いのでいつも利用することはできませんが、初めて利用する時などはは初回割引があって通常よりもかなり利用し易くなっています。そのお得感に惹かれて私も初めて電話占いを利用してみたんだけど、家事の合間でも気軽に利用できるのでとても気に入っっています。

また、いつも利用している電話占い会社はお友達を紹介すると紹介者もされたほうも特典があるし、お誕生日には無料券をくれたりします。他にも鑑定の感想などを口コミするだけで次回割引になったり様々なキャンペーンをやっています。上手に割引などを利用すると結構お得に電話占いができるので、その辺は賢く活用するといいと思います。
お友達紹介キャンペーン

電話占いで注意したいのは長電話

最近利用者が急増中の電話占いですが、皆さんは利用したことがありますか?

長電話
電話占いの利用者の9割が女性で、しかもその相談内容はほとんどが恋愛相談のようです。さらにその中でも半分が不倫相談だそうです。私も電話占いを利用するときは不倫ではないですが恋愛相談ばかりでした。やっぱり彼の今の本心や女性の影なんかが気になると電話したくなりますよね。

いつも電話占いを利用するときはだいたい20分~30分程度の鑑定時間なのですが、時々不安でたまらないときなんかは1時間超えたりするときがあります。彼と上手くいかなくなって、だんだん離れていってるような気がしてしまうときなんかは特に長くなりますね。気付いたら3時間くらい話していたと気がありました。

それでもそのときは苦しかった気持ちが和らいで何とか乗り切ることができました。その1回の鑑定で数万円が飛んで行ってしまいますが、それでも私は後悔はしていません。今にも崩れそうな私の気持ちに寄り添ってくれて、親身にアドバイスや勇気を与えてくれるので安いものだと思います。一人では乗り越えることができないので先生のお力を借りるのは私には必要です。

ただそうは言ってもお金がたくさんあるわけではないのである程度は気を付けたほうがいいですね。友達と長電話する分には、お金もかかりませんし、通話料もかからないので気にすることはありませんが、電話占いの鑑定時間は気にしたほうが良いかもしれません。

結構、鑑定中は惰性で話が長くなってしまって、同じことを何回も訊いてみたり、あまり内容のない事を訊いてしまうことがあります。先生も自分も乗ってきて話が止まらなくなってしまうときなんかは、あとで請求を見てびっくりしてしまいます。

電話占いをするときはその辺を少し気にすると意外と鑑定時間が少なく済んだりします。普段はほんとに訊きたいことだけをメモしておいて端的に話して短く済ませて、どうしても長く話したいときはキャンペーンでポイントが付いてくるときや割引があるときを狙って利用すると良いかもしれないですね。

最近は月に1回位は長いときがありますが、それ以外はそんなに長くならなくなってきました。ちょっとだけ時間を気にしながら利用するだけでだいぶ変わって、お財布に優しいですよ。

電話占いの受付システム

みなさんは電話占いを利用したことがありますか?電話占いは時間や場所を選ばず、占いをしたいときにすぐに利用できてとても便利ですね。電話占いをまだ利用したことのない方のために一般的な利用方法を紹介したいと思います。

受付の女性

電話占いの主流のシステム

電話占いは大きく分けて自動システムか、電話やネットから人が受け付けるタイプの二つに分かれます。自動システムは人を介さずに利用者がインターネットを通して注文が完結します。ネット環境さえあれば並んでいる人数や現在鑑定中なのか、利益中なのかもわかるのでとても便利です。鑑定から支払いまで自動化していますので、オペレーターと話をしなくて済むので苦手な人にはいいかもしれません。現在の電話占いサイトの多くは自動化されていて、特に大手電話占い会社は占い師の人数も多いのでほとんどが自動システムです。


電話で受け付ける会社

一方で昔からある、人を介して受け付けているところまだまだたくさんあります。鑑定を受けたいときはとりあえず受付に電話をします。わからないことやおすすめの先生など色んな情報が聞けるので私は好きです。

自動システムもいいですが、やっぱり顔が見えないからこそ人が対応してくれた方が安心ですね。自動システムのところでも受け付けはありますが、あまり対応が良くない感じがしますね。なので私は人が受け付けている電話占い会社をよく利用しています。

人それぞれ感じることは違うので一概に言えませんが、私はコミュニケーションをとりながらサービスを利用するのが好きだからでしょうか。人と話すのが苦手な人は自動システムのほうが合っているかもしれません。

私は電話占い以外でもオペレーターにすぐ電話して、対応などを見て感じが良かったら、そのサービスを利用するようにしています。そうすると顔は見えなくてもその会社がどんな感じなのかすぐわかりますし、やっぱり感じが悪いところはそのサービス自体が良くないところが多いです。

オペレーターは占い自体にはあまり関係ないと思うかもしれませんが、意外とその会社全体を表しているもののように感じます。電話占い会社を選ぶ一つの材料にしてみるのもアリだと思います。

電話占いはいろんな種類の占い方法を選べる

占いというとまず何を思い浮かべますか?手相、姓名判断、タロット、四柱推命などいろんな種類があります。その中でその質問に向いている相性のいい占い方法もあるのではないでしょうか。今回は占い方法を詳しく見ていきたいと思います。

占いの種類


占いは色々な種類がありますが、大きく分けて、命(めい)、卜(ぼく)、相(そう)の3つに分かれます。

命術は、四柱推命、西洋占星術、九星気学、数秘術などで、誕生日や生まれた場所などから運命や宿命などを占います。元々生まれ持ったものから占うので大まかに決まっている宿命や運勢などを占うのに適しています。

卜術は、タロット占い、ルーン占い、易など事象の偶然性を利用して占います。時間とともに変化していく事象を占うのに適しています。おみくじや鉛筆転がしなどもこの部類です。偶然といえどもそれが必然的に出現するところに意味があります。

相術は、目で見てそのものの形から占います。手相、人相、家相、風水、姓名判断などがこの部類に入ります。形から占うのであまりよくない結果が出ても、その形を変えれば好転させることができます。家の中を模様替えしたり、手相を描いたり、改名したりと具体的な対応策が見つかるのでわかりやすいです。


質問する内容に向いている占い方法


質問する内容に対して、相性のいい占い方法とはどういったものでしょうか。例えば結婚や転職、向いている職業などの人生の大きな流れや転機となる時期などを占うには四柱推命や九星気学などの占いが適しています。でも、具体的な結婚相手や何か選択するような時などは霊感・霊視占いやタロット占いが適しています。

同じ結婚の相談でも時期を占うのか、相手を決めるのかでは適している占いは方法が違います。当然占いは心得ていると思いますので自分でも知識として知っておいたほうが良いと思います。


電話占いでできる占い方法

霊感霊視占い
電話占いではどういった占い方法ができるのでしょうか。霊感・霊視などの霊感系、タロットなどのカード占い系、そして波動修正や送念、祈願祈祷などの術系ととても種類が多いです。占い方法は細かくプロフィールに載っていますので指定することもできます。

電話占いだからといってできない占い方法があるというわけではないようです。手相や顔相、家相などは実際に視てもらう訳にはいきませんが、写真で占ってくれるところもなかにはあります。

ただ電話占いだと実際に占っているところが見えないので、本当に占えるのか気になったりしますがそういう心配はいりませんね。逆に対面で占ってもらうよりも集中して鋭かったりするので私は電話占いばかりですね。