電話占いで注意したいのは長電話

最近利用者が急増中の電話占いですが、皆さんは利用したことがありますか?

長電話電話占いの利用者の9割が女性で、しかもその相談内容はほとんどが恋愛相談のようです。さらにその中でも半分が不倫相談だそうです。私も電話占いを利用するときは不倫ではないですが恋愛相談ばかりでした。やっぱり彼の今の本心や女性の影なんかが気になると電話したくなりますよね。

いつも電話占いを利用するときはだいたい20分~30分程度の鑑定時間なのですが、時々不安でたまらないときなんかは1時間超えたりするときがあります。彼と上手くいかなくなって、だんだん離れていってるような気がしてしまうときなんかは特に長くなりますね。気付いたら3時間くらい話していたと気がありました。

それでもそのときは苦しかった気持ちが和らいで何とか乗り切ることができました。その1回の鑑定で数万円が飛んで行ってしまいますが、それでも私は後悔はしていません。今にも崩れそうな私の気持ちに寄り添ってくれて、親身にアドバイスや勇気を与えてくれるので安いものだと思います。一人では乗り越えることができないので先生のお力を借りるのは私には必要です。

ただそうは言ってもお金がたくさんあるわけではないのである程度は気を付けたほうがいいですね。友達と長電話する分には、お金もかかりませんし、通話料もかからないので気にすることはありませんが、電話占いの鑑定時間は気にしたほうが良いかもしれません。

結構、鑑定中は惰性で話が長くなってしまって、同じことを何回も訊いてみたり、あまり内容のない事を訊いてしまうことがあります。先生も自分も乗ってきて話が止まらなくなってしまうときなんかは、あとで請求を見てびっくりしてしまいます。

電話占いをするときはその辺を少し気にすると意外と鑑定時間が少なく済んだりします。普段はほんとに訊きたいことだけをメモしておいて端的に話して短く済ませて、どうしても長く話したいときはキャンペーンでポイントが付いてくるときや割引があるときを狙って利用すると良いかもしれないですね。

最近は月に1回位は長いときがありますが、それ以外はそんなに長くならなくなってきました。ちょっとだけ時間を気にしながら利用するだけでだいぶ変わって、お財布に優しいですよ。