電話占いはいろんな種類の占い方法を選べる

占いというとまず何を思い浮かべますか?手相、姓名判断、タロット、四柱推命などいろんな種類があります。その中でその質問に向いている相性のいい占い方法もあるのではないでしょうか。今回は占い方法を詳しく見ていきたいと思います。

占いの種類

占いは色々な種類がありますが、大きく分けて、命(めい)、卜(ぼく)、相(そう)の3つに分かれます。

命術は、四柱推命、西洋占星術、九星気学、数秘術などで、誕生日や生まれた場所などから運命や宿命などを占います。元々生まれ持ったものから占うので大まかに決まっている宿命や運勢などを占うのに適しています。

卜術は、タロット占い、ルーン占い、易など事象の偶然性を利用して占います。時間とともに変化していく事象を占うのに適しています。おみくじや鉛筆転がしなどもこの部類です。偶然といえどもそれが必然的に出現するところに意味があります。

相術は、目で見てそのものの形から占います。手相、人相、家相、風水、姓名判断などがこの部類に入ります。形から占うのであまりよくない結果が出ても、その形を変えれば好転させることができます。家の中を模様替えしたり、手相を描いたり、改名したりと具体的な対応策が見つかるのでわかりやすいです。


質問する内容に向いている占い方法

質問する内容に対して、相性のいい占い方法とはどういったものでしょうか。例えば結婚や転職、向いている職業などの人生の大きな流れや転機となる時期などを占うには四柱推命や九星気学などの占いが適しています。でも、具体的な結婚相手や何か選択するような時などは霊感・霊視占いやタロット占いが適しています。

同じ結婚の相談でも時期を占うのか、相手を決めるのかでは適している占いは方法が違います。当然占いは心得ていると思いますので自分でも知識として知っておいたほうが良いと思います。


電話占いでできる占い方法

霊感霊視占い電話占いではどういった占い方法ができるのでしょうか。霊感・霊視などの霊感系、タロットなどのカード占い系、そして波動修正や送念、祈願祈祷などの術系ととても種類が多いです。占い方法は細かくプロフィールに載っていますので指定することもできます。

電話占いだからといってできない占い方法があるというわけではないようです。手相や顔相、家相などは実際に視てもらう訳にはいきませんが、写真で占ってくれるところもなかにはあります。

ただ電話占いだと実際に占っているところが見えないので、本当に占えるのか気になったりしますがそういう心配はいりませんね。逆に対面で占ってもらうよりも集中して鋭かったりするので私は電話占いばかりですね。